統計表・グラフ表示

統計名 人口動態調査 人口動態職業・産業別統計 基礎人口 
表番号
表題 15歳以上人口,職業(大分類)・都道府県(21大都市再掲)・性別 
データセットの概要 注:1) 「国勢調査」2015年10月1日現在の日本人人口(不詳按分済み)。
  2) 「無職」は国勢調査による労働力状態が「完全失業者」と「非労働力人口」を合計したものである。
  3) 「不詳」は総数から、就業者総数と無職を引いたものである。 
政府統計名 人口動態調査  詳細
調査の概要  人口動態調査は、我が国の人口動態事象を把握する上で重要な統計調査です。同調査は戸籍法及び死産の届出に関する規程により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象として、毎月実施されます。
 人口動態調査では、一人の女性が一生の間に生む子どもの数に相当する合計特殊出生率や死因別死亡数、年齢別婚姻・離婚件数などの結果を、全国、都道府県、保健所などの単位で提供しています。また、人口推計(総務省)、生命表(厚生労働省)など他の統計や施策に活用されるほか、民間企業や研究機関でも広く利用されています。

【利用上の注意】
 「年次報告書(1979年以前)」として掲載している各報告書は、過去の報告書を画像データとして取り込んでPDF形式に変換して掲載しているため、1報告書当たり30MB~120MB程度の容量があります。閲覧される場合はその点に留意してご利用ください。

(令和3年4月20日) 都道府県からの報告漏れによる再集計について
 都道府県からの報告漏れ(平成31年3月29日公表)による再集計を反映した2004~2017年(平成16~29年)の確定数・保管統計表・保管統計表(都道府県編)の各統計表をe-Statに掲載しました。
 数値が変更になった統計表については、「※本表の数値は、2004・2006・2009~2017年(平成16・18・21~29年)の都道府県からの報告漏れ(2019年3月29日公表)による再集計後の数値である。」と脚注に付記しています。
 ※再集計に関する正誤情報はこちらです。(令和3年6月3日)(令和4年4月18日)

 なお、月報、速報は、最新数値をその都度公表していく性質であることから、数値の修正はおこなっておりません。

 上記、人口動態統計の再集計に伴い、2005・2010・2015年度(平成17,22,27年度)の人口動態職業・産業別統計についても、再集計を反映した統計表をe-Statに掲載しました。
 なお、2005・2010年度(平成17,22年度)は、報告漏れの件数が少なく諸率への影響が少ないことから、実数のみの再集計を行っています。
 ※再集計に関する正誤情報はこちらです。(令和4年4月27日)

(令和4年9月16日)統計表の掲載について
 令和3年人口動態統計(確定数)の概況を公表し、各事象における上・中・下巻の統計表をe-Statに掲載しました。

(令和4年9月26日)
 以下の統計表については、現在、数値の確認を行っているため、掲載を一時停止します。
 確認後、速やかに正誤表及び訂正後の統計表を掲載いたしますので、ご利用の方は、正誤表等の掲載をお待ちいただきますようお願いします。
 令和3年 上巻 死亡 第5.14表 死因(死因年次推移分類)別にみた性・年次別年齢調整死亡率(人口10万対)

(令和4年9月30日)
 令和4年9月末までに順次掲載の予定としておりました「保管統計表(報告書非掲載表)」及び「保管統計表 都道府県編(報告書非掲載表)」をe-Statに掲載しました。
提供統計名 人口動態調査 
提供分類1 人口動態職業・産業別統計
提供分類2 基礎人口
表分類  
公開年月日時分 2020-02-19 14:00
  • 統計表表示
  • グラフ表示
  • 表示項目選択
  • レイアウト設定
  • グラフ表示設定

表示項目選択

初期状態は全項目表示状態です。表示を変更するには、以下の手順で設定を変更してください。
  1. 項目を選択ボタンをクリックして表示項目を設定してください。
  2. 確定ボタンを押すと変更内容の表示が更新されます。
画面表示セル数:
画面総セル数:
(最大 100,000 セルまで表示可能)
解説表示
項番 事項名 説明
選択/全項目
1/5
表章項目
1/1
2/5
職業(大分類)
16/16
3/5
性別
3/3
4/5
都道府県・大都市
69/69
5/5
時間軸(年度次)
1/1

レイアウト設定

レイアウト変更は、下記の項目名のを押して「ページ上部」「列」「行」を選択して項目を移動してください。 表示順の変更はを押して調整してください。 変更を保存して表示に反映させるには、設定して表示を更新を押してください。
1 レイアウト設定
ページ上部 (欄外)
ページ上部 (欄外)
表章項目
ページ上部 (欄外)
職業(大分類)
ページ上部 (欄外)
性別
ページ上部 (欄外)
都道府県・大都市
ページ上部 (欄外)
時間軸(年度次)
画面表示セル数:
画面総セル数:
(最大 100,000 セルまで表示可能)
2 表示オプション

グラフ表示設定

変更を保存して表示に反映させるには、設定して表示を更新を押してください。
1 グラフ表示設定
グラフの種類選択
グラフのタイトル
基準軸の選択
グラフの方向選択
基準軸の並び順
凡例表示
」の説明
政府統計名
ホームページURL
担当機関名(課室)
メールアドレス
電話番号
  • 各統計調査の詳細については、上記の担当機関のホームページを参照してください。
  • 各機関のホームページには該当する政府統計の「調査概要」「調査結果」「利用上の注意」「公表予定」「お問い合わせ先」等の情報が掲載されております。統計表をご利用になる際にはご活用ください。

表示項目の設定

項目の表示・非表示を設定してください
表示切替
選択: --- 全項目: --- 未選択: ---
全選択 全解除
人口
総数
就業者総数
A_管理的職業従事者
B_専門的・技術的職業従事者
C_事務従事者
D_販売従事者
E_サービス職業従事者
F_保安職業従事者
G_農林漁業従事者
H_生産工程従事者
I_輸送・機械運転従事者
J_建設・採掘従事者
K_運搬・清掃・包装等従事者
L_分類不能の職業
無職
不詳
総数
全国
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
特別区部
札幌市
仙台市
さいたま市
千葉市
横浜市
川崎市
相模原市
新潟市
静岡市
浜松市
名古屋市
京都市
大阪市
堺市
神戸市
岡山市
広島市
北九州市
福岡市
熊本市
2015年度
※複数項目を選ぶ場合は、Ctrlキーを押しながらクリックしてください。
連続した範囲であれば、マウスの左クリックを押した状態でマウスを移動するか、Shiftキーを押しながらクリックしてください。
選択状態の反転
反転
複数項目の選択/解除
選択 解除
配下グループの選択/解除
選択 解除
同一階層の選択/解除
選択 解除
凡例表示
*** 調査又は集計していないもの
- 計数のない場合
統計項目のありえない場合
計数不明の場合
「特殊文字の選択(レイアウト設定画面)」で「置き換える」を選択している場合、
 凡例表示の文字ではなく選択した文字が表示されます

グラフダウンロード

ダウンロード設定
ファイル形式
予想サイズ一覧
PNG形式 ...KB
レイアウト設定値の保存
マイページのレイアウト設定を行います。
レイアウト名を入力し、保存ボタンを押してください。
レイアウト名を入力してください。
ヘルプ
処理中...