• トップページ
  • e-Statとは?
  • e-Statナビ
  • e-Stat活用術
  • お役立ち機能
トップページ  >  e-Statとは?

e-Statとは?

1.e-Statの機能紹介

「政府統計の総合窓口(e-Stat)」は、各府省が公表する統計データを一つにまとめ、統計データの検索をはじめとした、さまざまな機能を備えた政府統計のポータルサイトです。各府省が公表している統計表をExcel・CSV・PDF形式でダウンロードすることが可能です。

また、データベース化されたデータを使って人口ピラミッドなどのグラフを作成する機能、統計データを地図上に表示する機能など、ユーザのニーズの高い機能を数多く備えています。

e-Statの機能紹介

2.各府省Webサイト(統計ページ)との関係

各府省は、公表する統計表をe-Statに登録し、各府省Webサイトの統計ページからもe-Statの統計表一覧にリンクを行っています。

統計表以外の、「調査の概要」(調査の目的、調査の対象など)や「調査の結果」(結果の概要、用語の解説など)などは、各府省Webサイトの統計ページに掲載しています。

また、各府省Webサイトの統計ページでは、統計利用者により分かりやすく情報を提供するため、ページ内メニューや掲載項目の共通化を図っています。

各府省Webサイト(統計ページ)との関係

3.e-Statの活用例の概略

政府統計の総合窓口(e-Stat)には、様々な活用方法があります。以下の図はその一例です。e-Statから必要な統計データをダウンロードし、企業、大学、個人などで統計データをグラフなどに加工し、様々な場面で活用することが可能です。

また、様々なメディアや研究・発表資料などに引用されている政府統計について詳しく知りたい場合も、出典の表記を参考に、e-Statから基となる統計データを閲覧・ダウンロードすることが可能です。

e-Statの活用例

4.その他(政府統計共同利用システム、政府統計オンライン調査総合窓口について)

政府は、国民にとって便利で使いやすい統計データの提供や各府省等の統計情報システムの集約を図るため、平成20年4月から、総務省を中心に全府省が参画して、新たな「政府統計共同利用システム」をスタートさせました。政府統計の総合窓口(e-Stat)も「政府統計共同利用システム」の機能の一つとして稼働しています。

ここでは、「(1)政府統計共同利用システム」の概要と、もう一つの国民向けの総合窓口である「(2)政府統計オンライン調査総合窓口」の概要について紹介します。

(1)政府統計共同利用システムの概要

「政府統計共同利用システム」は、各府省等の統計データの公表や統計調査の企画立案、オンライン調査の実施などに役立つ様々な機能を備えており、インターネットを通じて各府省等の統計がつながり、政府統計が国民にとってより身近なものとして役立てられることが期待されています。

政府統計共同利用システムの概要

※政府共通ネットワークは、各府省を相互に接続する行政専用のネットワークです。

総合行政ネットワーク(LGWAN)は、地方公共団体を相互に接続する行政専用のネットワークです。

(2)政府統計オンライン調査総合窓口の概要

「政府統計オンライン調査総合窓口(オンライン調査システム)」は、調査対象者の負担軽減、調査の効率的な実施に対応するため、従来から用いられてきた紙の調査票だけでなく、電子調査票を用いてオンラインによっても自宅や職場のパソコンから政府の統計調査に回答できるシステムで、これにより、調査対象者の利便性やセキュリティの確保、業務の効率化が期待されます。

■システムの利点

・調査対象者の都合の良いときに調査回答ができます。
・他人の目に触れることなく、回答した調査票を提出することができます。
・電子調査票の入力チェック機能によりデータの入力ミスを防ぐことができます。

政府統計オンライン調査総合窓口の概要

政府統計の総合窓口(e-Stat)

政府統計の総合窓口(e-Stat)

マイページ機能でさらに便利に!

e-Statユーザ登録
動画でわかる!e-Statの使い方