選択条件:
データベース

データセット情報
人口動態調査 / 人口動態統計 確定数 保管統計表 都道府県編(報告書非掲載表) 死因

表示・ダウンロード
DB API
政府統計名 人口動態調査
政府統計コード 00450011
調査の概要  人口動態調査は、我が国の人口動態事象を把握する上で重要な統計調査です。同調査は戸籍法及び死産の届出に関する規程により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象として、毎月実施されます。
 人口動態調査では、一人の女性が一生の間に生む子どもの数に相当する合計特殊出生率や死因別死亡数、年齢別婚姻・離婚件数などの結果を、全国、都道府県、保健所などの単位で提供しています。また、人口推計(総務省)、生命表(厚生労働省)など他の統計や施策に活用されるほか、民間企業や研究機関でも広く利用されています。

【利用上の注意】
 「年次報告書(1979年以前)」として掲載している各報告書は、過去の報告書を画像データとして取り込んでPDF形式に変換して掲載しているため、1報告書当たり30MB~120MB程度の容量があります。閲覧される場合はその点に留意してご利用ください。

(平成31年3月29日)
 報告漏れがあったため、過去の数値を修正することとなりましたので、本頁の内容は、修正前の数値となっております。取り扱いにはご留意ください。修正後の数値につきましては、結果がまとまり次第お知らせいたします。ただし、月報、速報は、最新数値をその都度公表していく性質であることから、数値の修正は行いません。
提供統計名 人口動態調査
提供分類1 人口動態統計
提供分類2 確定数
提供分類3 保管統計表 都道府県編(報告書非掲載表)
提供分類4 死因
表番号 1
表題 死亡数,性・死因(死因基本分類)・都道府県(大都市再掲)別
データセットの概要 死因基本分類は、「ICD-10(2013年版)」(平成29年適用)によるものである。分類表「死因基本分類の新旧対照表(平成29年、28年)」を参照されたい。
なお、同一分類コード内の新旧分類比較のために旧分類名に「(2016年以前)」と追記している。
表題区分1 (1) ICD-10コード A~E
統計分野(大分類) 人口・世帯
統計分野(小分類) 人口動態
担当機関 厚生労働省
担当課室 人口動態・保健社会統計室
問合せ先電話番号 03-5253-1111
政府統計URL http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1.html
調査年月 2017年
公開年月日時分 2019-03-29 12:00
統計表表示 ID
0003215628
提供周期 年次
集計地域区分 全国
都道府県
市区町村
画面総セル数 743,512
表章項目
死亡数
性別

死因基本分類_1
総数

第1章 感染症及び寄生虫症(A00-B99)

腸管感染症(A00-A09)

A00_コレラ

A00.0_コレラ菌によるコレラ

A00.1_エルトールコレラ菌によるコレラ

A00.9_コレラ,詳細不明

A01_腸チフス及びパラチフス

A01.0_腸チフス

A01.1_パラチフスA