全国家計構造調査(旧全国消費実態調査)

政府統計コード 00200564
概要
 「全国家計構造調査」は,家計における消費,所得,資産及び負債の実態を総合的に把握し,世帯の所得分布及び消費の水準,構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とする調査です。
 この調査は,統計法(平成19年法律第53号)に基づく「基幹統計調査」で,国が実施する統計調査のうち特に重要な調査です。
 1959年以来5年ごとに実施してきた「全国消費実態調査」を全面的に見直して実施するものであり,2019年調査は13回目に当たります。

※大都市圏別の結果表の一部数値(「中京大都市圏」,「近畿大都市圏」)及び県内経済圏別の結果表の一部数値(「岐阜県内経済圏C(中濃・飛騨圏域)」,「兵庫県内経済圏A(神戸市・淡路地域)」)に誤りがあったため,関係する結果表等の掲載を一時停止しています(2021年3月2日)。
なお,上記以外の地域区分(全国,都道府県等)の結果には影響ありません。
統計分野(大分類) 企業・家計・経済
統計分野(小分類) 家計
統計の種類 基幹統計
ホームページURL http://www.stat.go.jp/data/zenkokukakei/2019/index.html
担当機関名 総務省
課室 統計局統計調査部消費統計課
メールアドレス
電話番号
  • 各統計調査の詳細については、上記の担当機関のホームページを参照してください。
  • 各機関のホームページには該当する政府統計の「調査概要」「調査結果」「利用上の注意」「公表予定」「お問い合わせ先」等の情報が掲載されております。統計表をご利用になる際にはご活用ください。