統計表・グラフ表示

統計名 人口動態調査 人口動態統計 確定数 死亡 
表番号 1-2 
表題 死亡数,死因(死因基本分類)・性別 (4) ICD-10コード V~Y、U 
データセットの概要 注:死因基本分類W00~Y34の表記は、(X34,X59,Y06,Y07)については1~5桁が「外因符号」、6桁目が「発生場所」となっており、(X34,X59,Y06,Y07以外)については、1~3桁が「外因符号」、4~5桁が「スペース」、6桁目が「発生場所」となっている。W00~Y34以外の分類の表記については、「外因符号」のみとなっている。 
政府統計名 人口動態調査  詳細
調査の概要  人口動態調査は、我が国の人口動態事象を把握する上で重要な統計調査です。同調査は戸籍法及び死産の届出に関する規程により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象として、毎月実施されます。
 人口動態調査では、一人の女性が一生の間に生む子どもの数に相当する合計特殊出生率や死因別死亡数、年齢別婚姻・離婚件数などの結果を、全国、都道府県、保健所などの単位で提供しています。また、人口推計(総務省)、生命表(厚生労働省)など他の統計や施策に活用されるほか、民間企業や研究機関でも広く利用されています。

【利用上の注意】
- 計数のない場合                0.0 比率が微少(0.05未満)の場合
・ 統計項目のあり得ない場合           △  減少数(率)の場合
… 計数不明又は計数を表章することが不適当な場合
 なお、掲載の数値は四捨五入してあるので、内訳の合計が「総数」に合わない場合がある。
 「年次報告書(1979年以前)」として掲載している各報告書は、過去の報告書を画像データとして取り込んでPDF形式に変換して掲載しているため、1報告書当たり30MB~120MB程度の容量があります。閲覧される場合はその点に留意してご利用ください。

(令和3年4月20日) 都道府県からの報告漏れによる再集計について
 都道府県からの報告漏れ(平成31年3月29日公表)による再集計を反映した2004~2017年(平成16~29年)の確定数・保管統計表・保管統計表(都道府県編)の各統計表をe-Statに掲載しました。
 数値が変更になった統計表については、「※本表の数値は、2004・2006・2009~2017年(平成16・18・21~29年)の都道府県からの報告漏れ(2019年3月29日公表)による再集計後の数値である。」と脚注に付記しています。
 ※再集計に関する正誤情報はこちらです。(令和3年6月3日)

 なお、月報、速報は、最新数値をその都度公表していく性質であることから、数値の修正は行っておりません。
提供統計名 人口動態調査 
提供分類1 人口動態統計
提供分類2 確定数
提供分類3 死亡
表分類 下巻 
公開年月日時分 2021-03-31 14:00
  • 統計表表示
  • グラフ表示
  • 表示項目選択
  • レイアウト設定
  • グラフ表示設定

表示項目選択

初期状態は全項目表示状態です。表示を変更するには、以下の手順で設定を変更してください。
  1. 項目を選択ボタンをクリックして表示項目を設定してください。
  2. 確定ボタンを押すと変更内容の表示が更新されます。
画面表示セル数:
画面総セル数:
(最大 100,000 セルまで表示可能)
解説表示
項番 事項名 説明
選択/全項目
1/4
表章項目
1/1
2/4
性別
2/2
3/4
死因基本分類_4
6000/6000
4/4
時間軸(年次)
5/5

レイアウト設定

レイアウト変更は、下記の項目名のを押して「ページ上部」「列」「行」を選択して項目を移動してください。 表示順の変更はを押して調整してください。 変更を保存して表示に反映させるには、設定して表示を更新を押してください。
1 レイアウト設定
ページ上部 (欄外)
ページ上部 (欄外)
表章項目
ページ上部 (欄外)
性別
ページ上部 (欄外)
死因基本分類_4
ページ上部 (欄外)
時間軸(年次)
画面表示セル数:
画面総セル数:
(最大 100,000 セルまで表示可能)
2 表示オプション

グラフ表示設定

変更を保存して表示に反映させるには、設定して表示を更新を押してください。
1 グラフ表示設定
グラフの種類選択
グラフのタイトル
基準軸の選択
グラフの方向選択
基準軸の並び順